子供の口臭の原因【知っておきたい3つの事】

子供の口臭が気になるけど原因はなんだろう?
悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
子供の口臭にはいくつか原因があります。
見ていきましょう。

 

 

1.においの強い食べ物が原因の場合
においの強い食べ物を食べると、子供の口臭がキツくなることがあります。
ネギやニンニク、子供が離乳食として食べる納豆などが口臭の原因になります。
においは強い食べ物ですが、きちんと子供のハミガキができていれば、一時的なものにすぎません。

 

 

2.歯がうまく磨けていない・食べかすがある場合

 

子供のハミガキが上手くできていないと、食べかすが口のなかにたまっていきます。
食べかすは歯垢や歯石になって子供の歯にくっついてしまいます。
コレが子供の口臭の原因になるんですね。
子供の歯が生えだしたら、ハミガキをきっちりと習慣づけていきましょう。
子供の口の中に食べかすをためないことで、子供の口臭の原因を無くすことができます。

 

 

3.鼻呼吸ではなく、口呼吸が多い場合

 

口の中の唾液には、食べかすを洗いながしたり、口の中でバイキンが増えるの抑える効果があります。
唾液には、口の中をきれいにし続けてくれる、殺菌効果があるんですね。
ところが、唾液が少なくなると効果が薄れるので、口臭がキツくなります。
もちろん子供でも同じです。

 

口呼吸は、口を開けて口で呼吸するので、口の中が乾燥してしまいます。
口の中が乾燥するので、唾液の効果が薄れてしまい、口臭の原因になってしまいます。

 

普段大人でも口呼吸をしているかどうか意識することはありません。
もちろん子供もそうです。
でも口臭の原因となってしまうので、子供が口呼吸しているかどうか確認してみましょう。

 

 

4.鼻水が出て鼻が詰まっている・鼻の病気の場合

 

鼻水が子供の口臭の原因になっている場合があります。
それは、鼻が詰まると、自然と口呼吸になってしまうからです。
口呼吸は、口が乾燥して唾液の殺菌効果が弱まり、口臭の原因となります。

 

子供は鼻水を出しがちですよね。鼻をかまない子供も多いので、親が鼻をかむことを指摘してあげてくださいね。
最近は子供でも花粉症やアレルギーで、鼻水が出ているかも多いです。
副鼻腔炎などで、子供の鼻が詰まっていると口呼吸になりがちです。
鼻のつまりや、アレルギーがある子供の場合には、耳鼻科や小児科などを受診してきちんと治療しましょう。
子供の鼻のつまりがなくなることで、口呼吸もなくなります。
子供の口臭の原因もなくなりますね!

 

 

いかがでしたか?
子供の口臭にも原因があります。
早めに原因をつきとめて、対策していきましょう!

関連ページ

子供の口臭を生活習慣から予防する方法
子供の口臭を生活習慣から予防する方法について解説!
病気関連情報
子供の口臭から推測する病期とは?重大な病気にかかる前にチェック!