子供の口臭と病気の関連【あなたの子供は大丈夫?】

子供の口臭がハミガキをしても治らない。
なにかの病気なのでは…?と心配されている方も多いのではないでしょうか。
子供の口臭は病気に直結している場合もあります。

 

 

1.鼻の病気:副鼻腔炎の場合
副鼻腔炎は鼻が詰まって、鼻の奥に膿がたまる病気です。
子供の口臭が気になる、鼻が詰まっている場合には、副鼻腔炎を疑ってみましょう。

 

子供は鼻が詰まっていると口呼吸になりがちです。
口呼吸は、子供の口の中が乾燥しがちになるので、唾液が少なくなってしまいます。
唾液には殺菌効果や、食べかすを洗い流してくれる効果があります。
唾液が少なくなるとこの効果が薄れてしまい、子供の口臭が強くなります。

 

特に副鼻腔炎の場合には、鼻の奥にたまった膿自体がにおいってしまい、子供の口臭の原因となります。
副鼻腔炎かなと思ったら、早めに耳鼻科を受診してくださいね。

 

 

2.歯の病気:虫歯や歯周病の場合
歯や口の病気で口臭の原因となるのは、虫歯や歯周病です。
特に虫歯は子供の口臭の原因になることが多いんです。

 

ハミガキをしていても子供の口臭が気になっている場合には、歯科を受診しましょう!
親が気づいていなかった虫歯が発見されるかもしれません。
きちんとお口や歯のの病気を治療したら、子供の口臭の原因もなくなりますね。

 

3.お腹の病気:胃腸炎や便秘の場合
お腹の調子が悪いと、子供の口臭が強くなる場合があります。
お腹が痛い、下痢をしがちなど胃腸が弱っていると、口臭を強く感じることもあります。
子供の口臭が強い?しかもウンチのようなにおいがする?という場合には、便秘が口臭の原因になっているかも。
小児科や胃腸科を受診して、病気を治療しましょう。

 

4.なんとなく体調が悪そう
子供の口臭が強い時は、なんとなく体調が悪そうなことがある。
そんなときは、子供の免疫力が落ちているからかもしれません。
微熱があったりして体調が悪いと、体の免疫力が弱くなりがちです。
口の中の水分が不足して唾液も少なくなっている。
バイキンへの抵抗力がが落ちている。
などいろいろな要素が合わさって、子供の口臭が強くなっているのかもしれません。
小児科などを受診して、体調を回復させましょう。

 

 

いかがでしたか?
子供の口臭には、病気が隠れていることもあります。
早めに病気を治療することで、体も回復して口臭もなくなります。
まずは受診してみましょう。

関連ページ

子供の口臭を生活習慣から予防する方法
子供の口臭を生活習慣から予防する方法について解説!
口臭の原因
子供の口臭の原因は一体なんなのか?原因を把握することで口臭改善のスピードアップ!